現役の音楽クリエイター達がミックス依頼を承ります♪♪

【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用

再生回数向上 歌ってみた 初心者向け

【歌が上手くなる】録音データのセルフチェックのポイント

投稿日:2017年12月24日 更新日:

こんにちは。【歌ってみたMIX依頼の定番】「SoundTreatment」のSan-Tです♪

自身の歌を客観的に聴くようにすることって大切です。

自分の歌をじっくり確認して、必要なら録り直しをするという作業は、歌の上達の為にもクオリティーアップの為にも重要な事です。

ということで、今回はMIX師の知識や技術がなくてもできる「録音データの確認方法と気をつけるポイント」などを紹介していこうと思います♪

スポンサーリンク


カラオケと一緒に再生

まずは基本の確認方法です♪

しゃくり上げ、ビブラートの揺れ具合などリズム中心に確認していきましょう!

カラオケと合わせて聴いてみて、思いっきり歌がズレていたら原曲を聴きこんでいる歌い手さんならわかるのではないでしょうか!!

明らかにズレてると気づいたら迷わず録り直して、バッチリなリズムにするとクオリティーアップです!

自分で聴いて気づいて正しく歌い直すという作業が歌の上達にもつながると思いますよ♪

〜もし歌が聴こえづらいときは〜

カラオケトラックの「Vol.」を下げて歌との音量バランスを調整していきましょう♪

歌だけを聴く


全体のリズムのチェックができたら、カラオケトラックをミュートにして歌だけを聴きます。

メインとハモりやユニゾン同士の歌い回しを確認していきますよ!

メインはしっかり歌えているのに、ユニゾンやハモりがメインに合っていなくて「もったいないなー」って思うことがあります。

よくある歌い回しNGという形で3つの例をまとめたのでご覧ください♪

〜よくある歌い回しNG〜

①ロングトーンの長さが、メインは長めでハモりは超短め(息切れ気味)

かなり頻繁に見かけます。

修正するにもかなり無茶なやり方になったり、長い方を短いほうに合うように修正することも・・・。
どうしても息が続かなくて歌えない場合は、無理して歌わずに

ハモり生成をしたほうがクオリティー高いものが出来上がるのではないかとも思います。

ちなみに部分的に別録りして波形編集でつなげるのもあり◎

波形編集については、こちらの記事を参考に是非挑戦してみてください♪

②ロングトーンの片方はまっすぐ、もう片方はがっつりビブラート

これはユニゾンのときにありがちです。

まっすぐに合わせるかビブラートに合わせるか、曲の雰囲気に合うほうに修正しています。

歌い手さん側で好みとかもあるでしょうし、どっちかに統一してデータを送ったほうが良いものになるのではないでしょうか!

③ユニゾンのとき、片方だけアレンジして歌っている

1本は原曲通り歌っているのに対して、もう一本はアレンジして違う譜割で歌っていたりが稀にあって困惑します。

波形で見ただけで明らかにわかったりしますよ!!

正直、修正お手上げの状態に近いと思っていて・・・

ある程度自然に聴こえるように無理やりな修正したり、加工して誤魔化したりといろいろ駆使してようやくなんとかなったりしますが…

本来これは歌い手さんが録音しなおすべき例です。

SoundTreatmentではYouKさんが最終的になんとかしてくれてますヾ(。>﹏<。)ノ

音程の確認


歌ってみたでは、原曲と自分の歌データを交互に聴いて比べるのがわかりやすいですね!

MIDIで打ち込んで音程の確認をしてから歌うというのも良さそう♪

ガチガチに音程重視にするよりもノビノビと歌うのがよかったりもしますが、「ド」の音程出す部分で「レ」を出していたり、明らかな音程外しは歌い直すほうが良いかなと思います。

ピッチ補正である程度綺麗に修正できるものの、頼っていてはいつまでも歌の上達はできないですからねw

歌の上達=クオリティーアップと思って確認と修正を自身でもやっていきましょう!!

ノイズのチェック①

歌データだけを再生してしっかり確認していきましょう♪

音質で特に気にするポイントは「空調機」の音です。

いわゆる冷房や暖房、扇風機などの音ですね!

歌と同じくらいの音で入っていたり、うっすら入っていたり・・・。

空調機をOFFにすることで防げますw

ノイズが入らないようにしていきましょう!

ノイズのチェック②

MIX師の活動をしていなくて、MIXやエディットの知識がない歌い手の方が聴いてもわかりやすいノイズがポップノイズですね。

息吹きかけたときに入る「ボフッ」「バフッ」といった音です。

カラオケと合わせて再生した時に、聴こえなければスルーしちゃう人もいますが・・・

ノイズがあるよりもないほうが絶対に良いので入らないように対策していきましょう!!

「ポップガード」を使うことでほぼ防ぐことができます♪

100均の自作のとかは使わず、ポップガードとして売っているものを使ってくださいねw

ポップガードは、歌ってみたの録音必須アイテムです!!

自作ポップガードなどの場合、声がこもり気味な音だったりおかしな結果になりやすいから注意です!!

まとめ

今回は歌の確認についての記事でした!

自身で歌の確認って意外と疎かにされているのかなと感じていて書いてみました!

物申す感じで少々厳しめの内容になったかもしれませんね・・・。

「獅子の子落とし」だと思って、読んでいただけたら幸いです♪

歌ってみたが更に注目される界隈になればいいなと思いつつ、陰ながら頑張っていきたいです!

ボーカルエディットやMIXにお悩みの際は是非SoundTreatmentにご相談ください!

プロのエンジニアがあなたの歌をCDの音質レベルでMIXして差し上げます♪

Twitterフォローで最新記事をお届け♪

SoundTreatmentの更新情報、キャンペーン。MIX師の呟きをチェックしよう!

▼Twitterフォローはこちら♪
 



MIXでお困りの方はSoundTreatmentにお任せ♪

▼CDの用な音質で作品を仕上げたい
▼他の歌手や歌い手とクオリティーで差を付けたい
▼再生数が伸び悩んでいる

ピッチ補正や加工・エフェクトもお任せで実現可能!
音に関するリクエストは全てお応えします♪

歌ってみたやボカロ曲のMIXやオリジナル曲・バンドMIXまでお任せください♪

San-T(さんと)

代表YouKのアシスタントやSoundTreatmentの記事作成などを担当しています。Protoolsやボーカルエディット等お任せあれ♪

-再生回数向上, 歌ってみた, 初心者向け,

Copyright© 【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.