現役の音楽クリエイター達がミックス依頼を承ります♪♪

【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用

歌ってみた コラム MIX

【ピッチ補正VS一発録り無補正】の消えない論争

投稿日:2017年3月15日 更新日:

ピッチ補正の記事がバズった

こんにちは。SoundTreatmentのYouKです。

先日公開した「ピッチ補正は悪か」という記事が大変反響を呼びました。

【ピッチ補正は悪】という考えについて

目次1 ピッチ補正は悪者か?2 そもそもピッチ補正って何ぞや3 「ピッチ補正は悪」って価値観が蔓延してる??4 ピッチ補正の始まり5 ピッチ補正の目的は?6 歌ってみたの場合どうだろう?7 ピッチ補正 ...

続きを見る

アンチコメントも多数ありましたが、同意して下さる方も圧倒的に多かったです。

ちょっとバズらないかなあと期待して所々大げさな表現を使ってたりとかしました。ごめんなさい笑

ちなみにAuto-Tuneの話しているのに、なんでMelodyneのスクショ使っているの?というコメントがありましたが、

画像は全てイメージですので、ご了承ください。

Melodyneの画像の方がピッチ補正感でてるんですよね笑

スポンサーリンク

スポンサーリンク

みんな大好きピッチ補正論争

やはりネット上でいつまでもピッチ補正の論争は絶えないみたいです。

先日の記事がヒットしたのもきっとそういうことなのかなと思います。

共感の声もありましたし、「何言ってんだこいつ」的な声もありました。笑

色んな意見があると思いますが、これって結局の所“歌い手のスタンス”というか、“歌い手の歌との向き合い方”の違いの話だと思います。

歌ってみたって何となく楽しく趣味としてやっている人から、プロを目指してやっている人までピンキリですよね。

そんな人たちが同じ土俵で論争してもラチがあかないのかなと思います。

そもそも目指している場所とか楽しみ方とかが違っていますからね。

このサイトの記事も基本的には趣味で歌ってみたをやっている人向けに書いています。

 

趣味の楽しみ方って人それぞれ

歌ってみたってプロを目指してやっている人もいますが、基本的には趣味の世界ですよね?

プロを目指している方は一旦置いておいて、趣味の楽しみ方って人それぞれだと思います。

例えば「バイク乗り」を例に挙げて言えば、

イチからバイクを組み上げて整備して、最大限に性能を高めて、乗り方までも拘ってバイクに命をかけて楽しんでる人も居ます。

ビックスクーターなど乗って、バイクをカッコ良くカスタムしていく過程を楽しんでいる人も居ます。

原付でのんびり日本一周をしている学生もいるでしょう。

あまりバイクに詳しく無いので勝手なイメージです。バイク好きの方がいたらごめんなさい。笑

そういう人たちが「バイクはこうじゃなきゃ」とか「バイクこうあるべきだ」とか言い合っていても仕方ないと思います。

歌ってみたの論争も同じ事かなと思います。

プロを目指している人や、それと同等に本気な人は話が違ってきますけど…

でもそういう方は、そもそも素人として楽しんでいる人を攻撃する理由がないですよね。

ピッチ補正、一発録り論争

あまり詳しくは知らないのですが、最近ピッチ補正に対抗?して一発録りをしている歌い手さんが増えてきてるみたいです。

これに対するアンチとか賞賛とか色々意見があるみたいですけど…

個人的には歌の楽しみ方は人それぞれだから好きな用にやるのが一番良いと思います。笑

ピッチ補正に関しては前の記事に書いた様に、使いたい人はどんどん使えば良いと思います。

ピッチ補正なんて使いたく無い、一発録りに想いを込めたい。

そんな歌との向き合いかたも素敵だと思います。

でもそれが「ピッチ補正でズルすんな!」とか「一発録りで補正無しだとMIX師の立場が…」とか言い始めたとたんおかしなことになります。

他の人の趣味の楽しみ方を否定せず、同じ趣味を楽しんでいる仲間として認めあう事こそ素敵な事じゃないかなと思います。

色んな趣味の界隈でそんな論争が起きていて、個人的にはもったいないなあと思います。

本当にその趣味を楽しんでいるのかな…とまで考えちゃいます。

プロ思考の人たちが言い争いするのは分かりますけどね。

それは本気と本気のぶつかり合いだからもうしょうがないです笑。

MIX師はアーティストじゃない

先ほどちらっと書きましたが、「一発録りで補正無しだと、普段のMIXと比べられてMIX師の立場が…」みたいな声が一部あるみたいです。

個人的な意見としては、MIX師って極端な話「話歌とカラオケを混ぜるだけの仕事」です。

実際はもっと色々がんばってますが…笑

MIX師は時としてアーティストの用に崇められたりしていますが、結局のところただの技術屋だと思います。

もちろん技術力があったり、神懸かり的な奇跡を起こしちゃうMIX師も存在すると思いますが、

でもそれって結局歌い手さんありきの事ですからね♪

僕らがいくら頑張って再生数などが伸びたとしても、本当に凄いのは歌い手さんですからね。

僕らが出来るのは歌い手さんの潜在能力をいかに引き出すかってことだけです。

一発録り=ライブ

歌い手さんってライブをすれば歌のレベルが明らかになります。

身バレとか色々諸問題はあると思いますし、中々ライブをしている歌い手さんって少ないですよね。

そんな中で一発録りって表現の仕方が出てきたのかなと思います。

本気で自分の歌を聴いて欲しい人はどんどんライブをやってほしいなと思います。

歌を突き詰めている歌い手さんは、ライブでこそ本領を発揮出来る場所だと思います。

まあでも、ライブとレコーディングって同じ歌を歌っても全く別ものだったりもしますけどね…笑

レコーディングで上手く歌えても、ライブだと返しのモニター(自分の歌等が聴こえるスピーカー)を聴きながら歌うのって結構難しかったり…

そういった違いを楽しんだり、実際のお客さんの反応を見ながら歌えるのもライブの魅力ですね♪

 

ライブの見所は“ミスやトラブル”

ちょっと話が外れてしまいますが、ライブの見所ってちょっとした“失敗やミス”だと思うんです。

「機材トラブルが起きたのに演奏をやめなかった」とか

「途中で歌詞を間違えてハニカんでいた姿がカッコ良くてレアだった」とか

「演奏途中で滑ったギターのピックが飛んで来てピックをゲットした」とか

ライブの“伝説”ってちょっとした“ミスやトラブル”な事が多いです。

そういった失敗ってレコーディング音源じゃ聴けませんからね笑

 

歌を楽しんで欲しい

歌とどんなスタンスで向き合ってるかは人それぞれだと思います。

ただ多くの人に歌を楽しんでもらえたら良いですよね♪

色んなスタンスを認めあって無駄な論争が無くなって欲しいです。

というよりも自分が楽しくやれていれば他の人がどうしてようと気にならないと思います♪

まとめ

今回はピッチ補正や一発録りの論争について記事にまとめてみました。

お決まりになりますが、SoundTreatmentでは歌ってみたをより楽しんで頂けるよう、クオリティーの高いMIXをお客様にお届けしています。

値段は決して安くないのに、リピート率が以上に高いのはそこが理由なんじゃないかなと自負しています。

是非機会がありましたらSoundTreatmentにMIXを依頼してみてはいかがでしょうか??

あなたのご依頼お待ちしております♪

Twitterフォローで最新記事をお届け♪

SoundTreatmentの更新情報、キャンペーン。MIX師の呟きをチェックしよう!

▼Twitterフォローはこちら♪
 



MIXでお困りの方はSoundTreatmentにお任せ♪

▼CDの用な音質で作品を仕上げたい
▼他の歌手や歌い手とクオリティーで差を付けたい
▼再生数が伸び悩んでいる

ピッチ補正や加工・エフェクトもお任せで実現可能!
音に関するリクエストは全てお応えします♪

歌ってみたやボカロ曲のMIXやオリジナル曲・バンドMIXまでお任せください♪



YouK
2013年にYouK名義の活動開始。ミックスを担当した作品の再生数が次々と増え、10万再生も突破。口コミで依頼が殺到。特殊エフェクトを用いた声やオケの加工も得意。2017年SoundTreatment設立。 あなたのMIX依頼お待ちしております♪

-歌ってみた, コラム, MIX

Copyright© 【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.