フォニイ / phony - kafu [オリジナル] https://youtu.be/9QLT1Aw_45s

ボカロ曲解釈 コラム

「フォニイ」歌詞やメッセージの意味を徹底的に解釈

ツミキさんの「フォニイ」のボカロ曲にはどんなメッセージや意味が込められているのでしょうか。

  • 歌詞の意味や内容
  • 造花だけが知っている秘密とは

「フォニイ」について徹底的に解釈していきます。

「フォニイ」とは

「フォニイ」は2021/06/05に公開されたツミキさんのボカロ曲。

Youtube本家の再生数は940万回。

歌ってみたでは、めいちゃんさんの641万回再生で、

他にもさまざまな方が100万を軽く超える大人気曲です。

儚くて切ないこの曲に

どんな意味が込められているのか解釈していきます。



 

「フォニイ」曲名の意味

フォニイの意味

タイトルの「フォニイ」は英語phonyからきています。

このphonyの意味は、

  • 偽物
  • インチキ
  • 見掛け倒し

などになります。

似た言葉で言うと、フェイクが近いのではないでしょうか。
本記事では主に「偽物」や「見掛け倒し」の意味を採用して解釈していきます!

何が偽物?

少女が被っているのは狐のような、猫のようなお面。

後述する「絵画」や菊の花を考えると、

向けられる愛や自分の魅力、外見など

偽物(フォニイ)なのではないかと考えられます。

なぜ少女はそう思ってしまったのか?

次から徹底的に解釈していきます!!

「フォニイ」の歌詞解釈

antipathy worldの意味

この世で造花より綺麗な花は無いわ
何故ならば総ては嘘で出来ている
antipathy world
フォニイ / phony - kafu [オリジナル]

antipathy(アンティパシー)とは、sympathy(シンパシー)の対義語です。

つまり、「同情」や「共感」の真逆。

「全く理解できない」、「嫌悪感を抱く」という意味です。

楽曲の中で、”造花”を綺麗なものだとしています。

造花のどの部分を綺麗だといっているのでしょうか?

造花とは、枯れることがない、作られた偽物の花です。

この、作られた(人工的)という部分が、綺麗な理由だと考えられます。

造花は存在そのものが、生花への嘘。

自然物(事実)より人工物(嘘)が評価される世界=antipathy world

と解釈できます。

 



絵画に込められた意味

鏡に映り嘘を描いて自らを見失なった絵画(メイク)

フォニイ / phony - kafu [オリジナル]

続く歌詞には、

言葉は枯れた=何も言えなくなった

事実が熟れている=現実を突きつけられている

この二つの状況が描写されています。

言葉が出なくなるほどまでに、追い詰められたのでしょう。

熟れる(熟成する)ぐらい嫌な現実に打ちのめされたのでしょう。

このままではいけないと思いました。

そして絶望した彼女は、メイクをし始めました。

このことから、少女は自分の見た目や魅力に絶望したのだと読み取れます。

素の自分(生花)ではなく、メイクした自分(造花)へと変わります。

 

さようならを言いたかった相手は?

さようならも言えぬ儘 泣いたフォニイ

フォニイ / phony - kafu [オリジナル]

メイクに手を出してから、彼女は自分を見失ってしまいます。

絆(ほだ)されるとは、

  • 束縛される
  • 心や行動の自由が縛られる

を意味します。

夜の手とは異性からの欲望のことでしょう。

そこから逃げられず、愛のように消えてしまった。

別れを告げたかったのは、過去の自分ではないでしょうか。

汚い部分をたくさん見て、傷ついた。

言葉が出なくなるほどに絶望した。

その悲しみのまま色気付いた。

そしたら見える景色も、自分自身も変わってしまった。

過去の自分と決別が出来ず、悲しみに暮れている切なさが読み取れます。



愛を否定している?

如何して愛なんてものに群がりそれを欲して生きるのだ

フォニイ / phony - kafu [オリジナル]

生花から造花になった少女には、さまざまな手が伸びます。

そのどれもが彼女を求めるもの。

彼女はそれをわかっていながら、

「愛なんてもの」と一蹴しています。

当初の雨に絶望していた面影は見えず、

すっかり大人になってしまいましたね。

きっと、彼女には熱っぽい視線が送られているのでしょう。

それこそ目が溶けてしまうくらい、魅力的になったのでしょう。

しかし彼女は、その魅力を虚像だといっています。

愛なんかくだらないと思っているのですね。

今夜も造花として生きるのでしょう。

胸を痛めていることを仮面で隠しながら。

造花だけが知っている秘密とは?

造花だけが知っている秘密のフォニイ

フォニイ / phony - kafu [オリジナル]

造花になったけれど、散々な日々も、絶望の雨も止まなかった。

結局何も変わらなかったんですね。

そこまで達観して、ようやく、

「さようならまたねと呟いた」んです。

過去の自分とお別れできたんですね。

そんな彼女(造花)が知っているフォニイ(偽物)とはなんでしょうか?

それは、他人の愛の薄っぺらさです。

生花のままでは見向きもされなかったのに、メイクをしただけで夜の手に絆される。

他人が見ているのは生花(素の自分)ではなく、造花(化粧をした自分)の方だった。

本質を見ていないのに、愛を囁く。

そんな愛はいらない。

動画の後半に少女が赤いキクの花束を逆さにします。

赤いキクの花言葉は真実の愛。

それを否定しているんですね。

こんな世界は嘘っぱちで、全く共感できない→antipathy world

なのではないでしょうか。

数あるボーカロイドの中でも、可不に歌わせているのが、憎い演出だと思いました。



最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回はツミキさんの「フォニイ」を歌詞解釈させていただきました。

MIXでお困りの方、お任せください♪

SoundTreatmentでは、プロアマ問わずMIXで宅録のクオリティーUPのお手伝いをしています!

メジャー流通のアーティスト、100万再生越えのYoutuber、有名歌い手などを手がけるエンジニアがMIXを担当します。

年間500件近くのアーティストを担当し、多くの方から好評を得ています。

初心者の方でも、有名歌い手やプロの歌手と同等のMIXが可能ですよ!

\\いまなら初回2000円OFFキャンペーン中//

詳しくはコチラ

こんなことができます◎

・音程やリズムを正確に補正してもらえる

・メインの歌からハモリを生成しリッチな仕上がりに

・市販のCDのような高音質な音質、声質に加工してもらえる

ピッチ補正やコーラス加工・エフェクトもお任せで実現可能!

歌ってみたやボカロ曲のMIXやオリジナル曲・バンドMIXまでお任せください♪

Twitterフォローで最新記事をお届け♪

SoundTreatmentの更新情報、キャンペーン。MIX師の呟きをチェックしよう!

▼Twitterフォローはこちら♪
 

注目カテゴリー 歌ってみた 機材 歌詞解釈


-ボカロ曲解釈, コラム
-, , , , , ,

Copyright© 【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.