ボカロ曲紹介 まとめ

【ボカロ曲】カラオケで歌いやすい曲は?女性と男性のおすすめカラオケ曲も紹介!

カラオケで曲を歌ってみると、キーや音程が難しくて、苦戦してしまうことってありますよね。どんな曲が歌いやすいか分からない方も多いのではないかと思います。

今回は、カラオケで歌いやすいボカロ曲を厳選して紹介しています。
また、女性と男性のおすすめカラオケ曲も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

カラオケで歌いやすいボカロ曲

メランコリック / Junky

メランコリック@Junky feat.鏡音リン

「メランコリック」は、2011年にリリースされました。YoutubeのMVは600万回以上再生されています。曲名は、「憂鬱な」や「物悲しげな」という意味で、この曲のテーマを曲名にしたようです。好きな人がいるときの片想いの苦しい気持ちを歌詞にしています。

音程の上下が少ないメロディーが多く、キーも出しやすい高さだったので、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

Fire◎Flower / halyosy

halyosy - Fire◎Flower feat. 鏡音レン

「Fire◎Flower」は、2008年にリリースされました。YoutubeのMVは300万回以上再生されています。失恋や片想いの様子を男性目線から描いたボカロの恋愛ソングです。2021年にはリアレンジ版も公開されていることから、10年以上経っても聞かれていることが分かります。

男性声なので高いキーがなくて、ゆったりとした曲調だったので、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

からくりピエロ / 40mP

【初音ミク(40㍍)】 からくりピエロ Karakuri Pierrot【オリジナル】

「からくりピエロ」は2011年にリリースされました。YoutubeのMVは3000万回以上再生されています。相手に弄ばれた恋愛模様について描かれた内容です。「からくりピエロ」という名前の小説もあり、小説を読むとさらに曲を楽しめます。

ポップなリズムで、ワンフレーズが短くて歌いやすそうだったので、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

 ロキ / みきとP

みきとP 『 ロキ 』 MV

「ロキ」は2018年にリリースされました。YoutubeのMVは驚異の6000万回以上再生されています。ロックンロールという言葉が歌詞に多く使われており、ベースやドラム、エレキギターが使われたサウンドが特徴のカッコいい曲です。

テンポが速いので難しそうですが、その割に歌いやすく盛り上がるので、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

ヒバナ / DECO*27

DECO*27 - ヒバナ feat. 初音ミク

「ヒバナ」は2017年にリリースされました。YoutubeのMVは5000万回再生されています。恋愛を描いた曲のようですが、歌詞の内容が難しく何度も聞かないと考察や解釈ができないようです。

途中に英語歌詞が入っていたり、アップテンポだったりしますが、口ずさみたくなる歌詞と歌いやすいリズムだったので、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

 ゴーストルール / DECO*27

DECO*27 - ゴーストルール feat. 初音ミク

「ゴーストルール」は、2016年にリリースされました。YoutubeのMVは約4000万回再生されています。歌詞の中にある「メーデ」は、無線電話で遭難信号を発信する時に国際的に使われる緊急用符号語です。

「メーデ」がこの曲の歌詞を理解するためのカギであると、多く記事で書いてありました。難しい歌詞ですが、理解できるとさらにこの曲を楽しめそうです。同じようなフレーズの繰り返しが多かったり、程よいキーの高さだったので、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

シャルル / バルーン

シャルル/バルーン (self cover)

「シャルル」は2016年にリリースされました。YoutubeのMVは驚異の8500万回以上再生されています。失恋の様子を男性目線で描いた内容の歌詞です。一定の音程というのと、特にサビの「謳って 謳って」のリズムが癖になり盛り上がるので、カラオケで歌いやすい曲に選びました。

2022年9月は、Spotifyボカロ曲カラオケランキングで1位を獲得しており、カラオケのボカロ曲では定番曲のようです。

ドーナツホール / ハチ

ハチ - ドーナツホール , HACHI - DONUT HOLE

「ドーナツホール」は、2013年にリリースされました。YoutubeのMVは5000万回以上再生されています。失恋の曲のようですが、ただの恋愛の曲ではなく、自分自身やアイデンティティについても描かれているようです。ぽっかりと心に空いた様子をドーナツの穴で表現しているところに、ハチ独特の世界観が表れています。

独特のリズムや早口な歌詞が難しそうですが、男性でも女性でも歌いやすいキーなので、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

ハッピーシンセサイザー / Easy Pop

【巡音ルカ GUMI】 ハッピーシンセサイザ 【オリジナル曲】

「ハッピーシンセサイザー」は、2010年にリリースされました。YoutubeのMVは2000万回以上再生されています。好きな人への気持ちを描いたボカロの片想いソングです。「シンセサイザー」は音を作成したり編集できる電子楽器の名前で、この曲自体も電子音のサウンドが主に聞こえます。

聞いてるだけでハッピーになるメロディーと、口ずさみたくなる歌詞だったので、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

千本桜 / WhiteFlame

「MV」 千本桜 WhiteFlame feat 初音ミク

「千本桜」は、2014年にリリースされました。YoutubeのMVは4000千万回以上再生されています。様々なアーティストがカバーしたこともあり、ボカロをあまり知らない人にも知られている有名曲です。「ヨナ抜き音階」という日本の伝統の音階が使われているらしく、和を感じるサウンドがとても印象に残ります。

難しい言葉が多く使われていますが、歌いたくなるようなリズムだったのと、ボカロのカラオケランキングで常に上位にいることから、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

妄想感傷代償連盟 / DECO*27

DECO*27 - 妄想感傷代償連盟 feat. 初音ミク

「妄想感傷代償連盟」は、2016年にリリースされました。YoutubeのMVは約5000万回再生されています。独創性のある歌詞もですが、リズムに対して、特に中毒性がある、癖になるというコメントや記事が多かったです。

癖になるリズムと、歌いやすいテンポだったので、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

ロストワンの号哭 / Neru

Neru - ロストワンの号哭(Lost One's Weeping) feat. Kagamine Rin

「ロストワンの号哭」は、2013年にリリースされました。YoutubeのMVは約4000万回再生されています。曲名に入っている「ロストワン」とは、集団の中での存在感が薄く、忘れられがちな人という意味です。この曲はそんな「ロストワン」の人達の本当の心の中を描いたボカロ曲になっています。

早いテンポですが、話し言葉のような歌いやすさと、疾走感があり歌いたくなるメロディーだったので、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

右肩の蝶 / のりP

鏡音レンオリジナル曲 「右肩の蝶」

「右肩の蝶」は、2009年にリリースされました。YoutubeのMVは約1000万回再生されています。この曲の解釈として、薬物に溺れてしまった人の歌、もしくは叶わない恋についての歌という、2つの考えが見られました。

解釈がはっきり分からないところもまた魅力の一つのようです。乗りたくなるリズムと歌いやすい音程が多いようだったので、カラオケで歌いやすいボカロ曲に選びました。

女性におすすめのカラオケ曲

ロミオとシンデレラ / doriko

doriko「ロミオとシンデレラ」PV

「ロミオとシンデレラ」は、2015年にリリースされました。YoutubeのMVは650万回以上再生されています。曲名の通り、ロミオとジュリエットや、シンデレラをオマージュしたようなロマンティックな歌詞なので女性におすすめです。

また、ロマンティックでありながらも、恋愛の難しさや、人の欲望などが伝わってきます。

桜ノ雨 / halyosy

halyosy - 桜ノ雨 feat. 初音ミク

「桜ノ雨」は、2008年にリリースされました。YoutubeのMVは約50万回再生されています。卒業式の時に友達と歌うようなお別れソングです。歌詞も今までの思い出やこれからについてなどの、感動的な歌詞になっています。

実際に卒業式やお別れ会で歌う人も結構いたようです。大切な友達や部活仲間とカラオケで歌うと、良い雰囲気になるのではないかと思います。

いーあるふぁんくらぶ / みきとP

みきとP 『 いーあるふぁんくらぶ 』 MV

「いーあるふぁんくらぶ」は、2019年にリリースされました。YoutubeのMVは1300万回以上再生されています。MVを見ての通り、中国や中国語をテーマにしたボカロ曲です。

好きな人に気持ちを伝えるために中国語を勉強しているという女性がキュンキュンする内容が描かれています。ノリノリでポップなリズムなのでカラオケにおすすめです。

ハジメテノオト / 東京フィルハーモニー交響楽団

初音ミク「ハジメテノオト(FULLバージョン)」

「ハジメテノオト」は、2016年にリリースし、YoutubeのMVは約44万回再生されています。
曲名の通り、歌や音について書かれていますが、初音ミクの気持ちが伝わってくるような歌詞が特徴です。

聞く側に対しての優しさや思いが感じられて温かい気持ちになります。
ゆっくりなテンポなので、落ち着いた雰囲気にはおすすめのカラオケ曲です。

吉原ラメント / 亜沙

【重音テト】吉原ラメント【オリジナル】/【KASANE TETO】Yoshiwara Lament【original】

「吉原ラメント」は、2012年にリリースされました。YoutubeのMVは550万以上再生されています。TVアニメの挿入曲として制作されました。日本の古風な和の雰囲気がある曲です。

江戸時代に夜のお仕事をしている女性のお話が描かれています。真実の愛に出会えない悲しい曲のようですが、和でロックなサウンドが、女性の強さを表しているようでとてもカッコいいです。

ラブソングを殺さないで / ピノキオピ

ピノキオピー - ラブソングを殺さないで feat. 初音ミク / Don't Kill the Love Song

「ラブソングを殺さないで」は、2014年にリリースされました。YoutubeのMVは約70万回再生されています。愛やラブソングについて歌った女性に刺さるボカロ曲です。

浮気やDVなどの、世間一般的には良くないといわれている恋愛関係も、ひとつの愛のかたちだよね、と肯定してくれる歌詞が書かれています。優しく包み込んでくれるような温かさが特徴的です。

男性におすすめのカラオケ曲

ワールドエンド・ダンスホール / wowaka

wowaka 『ワールズエンド・ダンスホール』feat. 初音ミク&巡音ルカ

「ワールドエンド・ダンスホール」は、2011年にリリースされました。YoutubeのMVは1700万回以上再生されています。様々な解釈がされていますが、自殺してしまう、またはマイノリティの主人公がマジョリティから仲間外れにされているという内容ではないかと言われていました。

アップテンポで、途中にはラップのように早く歌う部分があって難しそうですが、男性が歌えるとカッコいい曲になりそうです。

ブラックロック★シューター / ryo

【初音ミク】ブラック★ロックシューター【オリジナル曲】 PV

「ブラックロック★シューター」は、2010年にリリースされました。YoutubeのMVは約300万回再生されています。元々「ブラック★ロックシューター」というキャラクターがいて、それをもとに作られた曲です。

辛いときでも逃げないで進もうというメッセージが感じられました。
男性でも歌いやすく、特にサビが盛り上がるようなので、おすすめのカラオケ曲にしました。

人生リセットボタン / kemu

【HD】 人生リセットボタン 【GUMIオリジナル曲・PV付】- KEMU VOXX

「人生リセットボタン」は、2012年にリリースされました。YoutubeのMVは1000万回以上再生されています。曲名の通り、人生のリセットボタンを手に入れた主人公が人生を何度もリセットするという内容です。

一曲の中に壮大な人生の物語が描かれています。ノリノリなサウンドなのでカラオケでも盛り上がりそうです。

パンダヒーロー / ハチ

ハチ MV「パンダヒーロー」HACHI / Panda Hero

「パンダヒーロー」は、2013年にリリースされました。YoutubeのMVは2600万回以上再生されています。ハチさんならではの独特の世界観で作られたボカロ曲です。麻薬のスパイラルから抜け出せない様子を描いた歌詞にも、ハチさんの天才的な感性が表れています。

アップテンポで、サビの「パッパッパラッパパパラパ」のところが耳に残り、カラオケで盛り上がると思ったのでおすすめ曲に選びました。

六兆年と一夜物語 / kemu

【HD】 六兆年と一夜物語 【IAオリジナル曲・PV付】- KEMU VOXX

「六兆年と一夜物語」は、2013年にリリースされました。YoutubeのMVは驚異の4300万回以上再生されています。歌詞が早いので少し難しいですが、飛び跳ねたくなるようなリズムと疾走感のあるサウンドなので、カラオケで盛り上がると思います。

キーが高めなので男性の方はキーを少し下げて歌ってみるといいかもしれません。

IMITATION BLACK / KAITO

神威がくぽ KAITO 鏡音レン】「IMITATION BLACK (2018 LiveVer.)」オリジナル曲

「IMITATION BLACK」は2018年にリリースされました。YoutubeのMVは約30万回再生されています。この曲は3人のボカロの声が使われているのが特徴です。ボーイズラブや三角関係の恋などの複雑な恋模様を描いているのではという解釈が多く見られました。

ロックなサウンドがとてもカッコいいです。キーが低いので男性は特に歌いやすいと思います。

最後に

今回はカラオケで歌いやすいボカロ曲や、おすすめのカラオケボカロ曲を紹介しました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

MIXでお困りの方、お任せください♪

SoundTreatmentでは、プロアマ問わずMIXで宅録のクオリティーUPのお手伝いをしています!

メジャー流通のアーティスト、100万再生越えのYoutuber、有名歌い手などを手がけるエンジニアがMIXを担当します。

年間500件近くのアーティストを担当し、多くの方から好評を得ています。

初心者の方でも、有名歌い手やプロの歌手と同等のMIXが可能ですよ!

\\いまなら初回2000円OFFキャンペーン中//

詳しくはコチラ

こんなことができます◎

・音程やリズムを正確に補正してもらえる

・メインの歌からハモリを生成しリッチな仕上がりに

・市販のCDのような高音質な音質、声質に加工してもらえる

ピッチ補正やコーラス加工・エフェクトもお任せで実現可能!

歌ってみたやボカロ曲のMIXやオリジナル曲・バンドMIXまでお任せください♪

Twitterフォローで最新記事をお届け♪

SoundTreatmentの更新情報、キャンペーン。MIX師の呟きをチェックしよう!

▼Twitterフォローはこちら♪

注目カテゴリー 歌ってみた 機材 歌詞解釈


-ボカロ曲紹介, まとめ

Copyright© 【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.