現役の音楽クリエイター達がミックス依頼を承ります♪♪

【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用

ボカロ曲解釈 コラム

【余命わずか】ぬゆり"終末じゃない"歌詞解釈

更新日:

こんにちは!

今回は先日公開された大注目ボカロPのぬゆりさんの最新曲「終末じゃない」の歌詞解釈を書いていきたいと思います!

あくまで僕の解釈で「終末じゃない」の解釈を進めていきます。「ここの解釈違うんじゃない?」などの意見沢山お待ちしています!



新曲「終末じゃない」2018/07/27

終末じゃない / Flower・心華 - ぬゆり

作詞・作曲:ぬゆり

3日前に公開されたぬゆりさんの最新曲の「終末じゃない」はぬゆりさんの美しい世界観で溢れた歌でリピートしちゃいますね。そんな「終末じゃない」はリリースからまだ3日ですが再生回数は90000回を突破しています。

2人の女性の関係を描いた曲は目で見ても耳で聴いても本当に素敵です。

ぬゆりさんは「フィクサー」「命ばっかり」「フラジール」の3曲がミリオン入りしています。最近はVOCALOIDのflowerを使用していてぬゆりさんの曲にflowerの声がぴったりです。

2018年に入ってからの曲では前作の「ディかディズム」の世界観もすごく素敵だったので聴いていない人は是非聴いて見てください!

▼ぬゆり「ディカディズム」
ディカディズム / Flower・心華 - ぬゆり

「終末じゃない」歌詞

終末じゃない / Flower・心華 - ぬゆり

終末じゃない / Flower・心華 - ぬゆり

「終末じゃない」歌詞解釈

 終末じゃない?

「終末」は、物事の終わり、果てを意味します。

何が終末ではないのか?それは歌詞を解釈していくと何かがすれ違って、おかしくなって2人の少女の関係が終わりそうになります。だから、終末じゃないはその少女2人の関係が終わらないということを意味するんじゃないかと解釈できます。

またイントロで「時時:分分」「千差万別」「眠気頭痛」「防御」「toumei(透明)」の文字が一瞬現れます。すごく意味深な文字ですね。



ひとりぼっちの主人公

自分の進みたい道を真っ直ぐに進むために、それを乱す者「友達」と関わらずに主人公は自分だけの世界で生きてきたんじゃないかと思います。

「ただ自分の道だけ...ずっと慎重に進んでた」のところでは「スマホ」の映像、「ただ自分を信じて...乱されたくない思いで忌み嫌っていた」のところでは「バック」の映像がMVにあります。ここからスマホのなかで主人公は生きてきて、友達と遊んだりといったことや「お洒落」などには興味ないんだと解釈できます。

主人公が1人だということが物を使って印象的に表現されているんじゃないかと思います。

余命僅か

ただ自分の道だけ踏みしめて歩きたくて...

人生における「終着」とは命の終わりを意味します。「もう時間がない」「止まる余裕もない」と焦っている状況が描かれていることと主人公の少女はMVを見る限りまだ若いです。

そこから、病気か何かで寿命が短いんじゃないかと解釈できます。

本当は生きていく上で見える景色に見とれていたいけど、そんな時間も余裕もないんだと思います。ちなみに、「憧憬」は憧れを意味します。

迫る病魔

「甘い思い」「独りよがり」も許せないと言っている事からも主人公はとても真面目な少女なんだと思います。

「狂気」は気が狂っていることや異常なことを意味します。主人公は「余命僅か」であることに本当だったら弱い自分だと狂ってしまうから、「甘い思い」「独りよがり」など弱い自分を否定し続けているんじゃないかと思います。

でも本当は歌詞にあるように病魔を恐れているだけで、本当はただ怖いだけなんだと思います。「終末じゃない」というのも自分の余命に争う主人公が表現されているんだと解釈できます。



どこまでも清潔で

苦しいのは病気での意味での身体的な苦痛の意味と、命が消えゆくことに対する恐怖の2つの意味が含まれていると解釈できます。

病気に争う中で「傷つけてしまった」のは「友達」なんじゃないかと推測できます。MV中にも2人の少女が出てくるからです。

しかし、最初の歌詞にもあったように友達を作らず自分しか信じていないような表現が歌詞にある事から、ここでいう傷つけたのは「自分自身」なんじゃないかと思います。

またMVでも白を基調とした部屋に主人公がいて、その反対の部屋には主人公が嫌ってきたような「遊び」の要素が多く含まれ散らかっていて主人公の想いとは対照的に表現されています。(化粧品など)

そんな「清潔」を対照的に描いているんじゃないかと思います。

そんな自分に嫌気

「噛み合わなくて溶け合うことを恐れてた」は、欲望のままに生きたい主人公と自分の道を真っ直ぐに進むために色々なものを排除した主人公の葛藤を描いているんだと思います。

主人公はそんな自分の中での葛藤に答えが出せていないんじゃないかと思います。

そんなふわついている時間もないのに...そんな立ち止まっている自分に嫌気がさしていると解釈できます。

MVの「時計」と「アクセサリー」など真面目な物と遊びの物に線が引かれているのも主人公の中で線引きしたい思いが出ています。

近づく終焉?

「用意が終わっている」というのは病院に移るための用意だと思います。

「過ぎた潔癖」「蹴った後悔」は先ほどの葛藤に意味はないと主人公が思っているんだと思います。

他の色々なことに興味はあったけどそれを必死に隠して主人公は短い人生を精一杯生きようとしているんだと思います。

だからそんな興味を心の奥底に隠して、そのまま削除しようとしています。



どこまでも終着

「見えない毒」は近く病魔を意味しているんだと思います。

病魔は近くまで迫ってきていて、「もう何も使いきれない」と段々身動きが難しくなってきていることを表現していると解釈できます。

そんな状況で「どうすればよかったんだろう」「どこまでが終着?」と遊びたい自分自身の別の本心にもう聞けないなと思っているんじゃないでしょうか。

そんな主人公の想いを2人の少女で表現しています。

閉まったカーテンが二つの思い「清潔」「遊びたい」を象徴しているんだと思います。

分かちあえない"終焉じゃない"

そんな分かちあえない二つ想いの交錯がこの歌詞で表現されているんだと思います。

今更分かり会えない、触れられない、寄る辺ないの歌詞のフレーズに表れていると思います。

終焉じゃない

「始まりは終わりを拭い去った」タイトルにもある終焉じゃないことを意味しているんだと思います。

人生の歩み方に正解はないだから、拙くて逸れていく道を往こうと主人公が自分の幸せのために進もうと決心しているんじゃないかと思います。

MVの中でも対照的な二つの感情の象徴である2人の少女が触れ合おうとしている事からも自分のための人生を主人公が歩もうとしているんじゃないかと解釈できます。

だから、今を一生懸命生きている主人公だけど何でも飲み込むように好きなことを見つけたりしよう、そんな思いが込められているんじゃないかと思います。

【刹那さ溢れる恋】"君色々移り"歌詞解釈してみた

こんにちは! どうもSoundTreatmentのMIX師ALEX-TUNEこと"アレク"です!季節は8月そろそろ夏休み&夏祭りの時期ですね! 今回は僕が大好きな歌い手&ボカロPのまふまふさんの先日公 ...

【誇張に溢れた】"エンドロール"歌詞解釈してみた

こんにちは! どうもSoundTreatmentのMIX師ALEX-TUNEこと"アレク"です!もうそろそろ8月ですね! 今回は僕が大好きな 歌い手兼ボカロPの夏代孝明さんの最新曲「エンドロール」の歌 ...

【MVに隠された秘密とは?】みきとP"少女レイ"歌詞解釈してみた

こんにちは! どうもSoundTreatmentのMIX師ALEX-TUNEこと"アレク"です!みきとP今月2曲も出してますね!「Platonic Girl」と「少女レイ」どちらも曲調は全然違いますが ...



まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!

あくまで僕の解釈で"終末じゃない"解釈してみました!

MIXでお困りの方はSoundTreatmentにお任せください♪

▼CDの用な音質で作品を仕上げたい
▼他の歌手や歌い手とクオリティーで差を付けたい
▼再生数が伸び悩んでいる

ピッチ補正やコーラス加工・エフェクトもお任せで実現可能!
音に関するリクエストは全てお応えします♪

歌ってみたやボカロ曲のMIXやオリジナル曲・バンドMIXまでお任せください♪

MIX依頼の詳細はこちら♪

Twitterフォローで最新記事をお届け♪

SoundTreatmentの更新情報、キャンペーン。MIX師の呟きをチェックしよう!

▼Twitterフォローはこちら♪
 

注目カテゴリー 歌ってみた 機材 歌詞解釈


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ALEX-TUNRE(あれく)

2017年8月よりSoundTretmentに所属。音楽はフィーリングっす。MIXなら「楽しく!最高に!ヤバめで!」がモットーの僕にお任せb

-ボカロ曲解釈, コラム

Copyright© 【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.