現役の音楽クリエイター達がミックス依頼を承ります♪♪

【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用

"Apple pencil"の対応機種・メリット、デメリットまとめ

更新日:

こんにちは!SoundTreatmentのアレクです!

今回は、大注目のアップル製品"Apple pencil"に関してスペックや対応機種の注意、メリットやデメリットなどをまとめていきたいと思います。



"Apple pencil"とは

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

Appleが2015年9月9日にiPad Proと同時に発売したiPad Pro専用のペンシルです。紙にペンを使うようにスラスラと使えるようです。

色々なペンシルが発売されていますが、Appleの製品を使うのに純正品以外では敵いません。

Apple ペンシルメリット

①細かい描写可能、アプリ連動

(参照:Apple Pencil )

字の強弱も反応してくれます。ペンの滑りやすさも純正が圧倒的です。

ipadに入っているメモでもその機能が発揮します。

②指紋反応しない

ペンシル使用中に設定で指を当てても反応できないように設定可能です。

指でイラストをiPhoneで書いているとたまに当たった手のひらで反応するのちょいイラしていたので凄くいいです。



③独自開発の技術

▼三次元空間センサー
これで、筆圧に反応することで、線の太さをまるでリアルのペンみたいに動かせます。

他にも様々なApple Pencilに関する特許が申請されているようです。

また、アメリカの特許庁で公開された特許ではiPhon用と思わしきApple Pencilがとうろくされていたそうです。

今後iPhone用が出るかもしれませんね。

④打ち込まずにメモできる

(参照:Apple Pencil )

タイピングのように取っていたメモもペンでノートと筆記用具のように自由にメモが可能です。

下にあるような文字起こしのアプリを使えば簡単に文字化データ化可能です。

またEメールにも直接注釈を入れて送れます。

⑤Pencilで書いた文章を文字認識してデータ化できる

アプリケーションの「Nebo」(有料)などを使用すると書いた文章もデータ化可能です。

打ち直しするのはかなり面倒ですからね。

Apple ペンシルデメリット

①「接続方式」であること

Appleペンシルの接続方法はBluetoothのペアリングなのですが...

ペアリングといえば、Applepencil 1本につき、iPad pro 1枚しか接続できません。

だから、タブレットを変えるたびに接続をし直す必要があります。

サイズが違うものを2枚持っている方(持ち運び用、家用)はペアリングするのがいちいち面倒になるんじゃないかなと思います。

iphonがもしペンシル対応可能になったらすごくめんどくさそうですよね笑

ホイホイ変えるような金額じゃないし...

②「バッテリー駆動」であること

(参照:Apple Pencil )

●持続時間:12時間

みてわかると思いますが、充電方法が結構やばいんですよね。

ipadのお尻の方にプツッと刺すんですけど、間違った拍子に落としたりしたらペンシル折れるんじゃないかと思いますね。

iPhoneの充電器みたいにペンに刺す感じだったら心配ないんですけど、もし力入れたらペンシルかipad壊れそうです。

③値段が高い

価格:10,800円 (税抜き)

ペンで1万円ごえです。普通に高いです。

他のタブレットのペンシルだと安くて1,000円から購入できますが、Apple Pencilだと10倍ぐらいの値段です。

保証は1年間付いているようですが、バッテリーの交換でも3,200円するので維持するのも結構お金かかりそうですね...

④持ち歩き不便

通常のペンが15cmなのに対しApple Pencilは17.5cmと少し大きめなので、胸ポケットに刺したりできないです。

また、クリップも付いていないので持ち運びが少し不便です。

Apple iPad Pro Appleペンシル詳細

Apple iPad Pro Appleペンシル対応機種

【対応機種】

iPadモデル
●iPad Pro(12.9インチ)(第2世代)
●iPad Pro(12.9インチ)(第1世代)
●iPad Pro(10.5インチ)
●iPad Pro(9.7インチ)
●iPad(第6世代)

(参照:Apple Store「Apple Pencil互換性」より)

上記対応機種一覧にあるようにiPad Proのみに対応しています。

Apple Storeの公式のQ&Aを見る限り、ipad miniなどでも一切の機能が使えないようです。

ipad pro以外でも充電は出来るようですが、実際にペンとして使用することはできません。

買う前には注意した方がいいですね。ペンシル使いたさに、iPadはProの小さいほうを新規に購入し直しましたよ。

充電に関しては、それ以外でも充電は出来ますが、ペアリングはできません。

同時期に発売されているProにしか使えないようです。Appleペンシルを使うためにiPad Proを新規に購入し直している方もいます。

ちなみに、タブレット以外に関しても現行のiPhoneでは使えません。ipadAir、miniでも同様に使えません。

Apple iPad Pro Apple pencil スペック

【サイズ】

●長さ:175.7 mm(先端からキャップまでの長さ)
●直径:8.9 mm
●重量:20.7 g

重量20.7gはすごい軽いですね。使用感はシンプルな形であることも含めかなり使いやすいです。

【接続方法】
●Bluetooth
●Lightningコネクタ

【その他】
●マグネット式キャップ



まとめ

今回はApple Pencilに付いてご紹介させていただきました!

皆さんの何か為になれば幸いです!

【神がかってる絵師】勝手に"人気絵師"まとめてみた

こんにちは! SoundTreatmentのMIX師のあれくです! いつもはボカロについて解釈記事などを書いているのですが、今回は絵師さんについてご紹介したいと思います! プロからアマチュアまで僕が個 ...

【歌い手のパソコンはこれしかない!!】プロがこれをおすすめする理由

目次1 あなたのパソコンはWindows?Mac?2 起動が遅くなってゆく…そしてフリーズの嵐3 Macに買い替えて世界が変わった4 Macは純正OS5 歌い手さん。MacにもWindowsが入るしM ...

【5分で解説】歌ってみたの作り方・始め方

こんにちは! ニコニコ動画で歌を歌っている「竹のこ」です。 最近YouTubeチャンネルも開設したよ|д゚)チラッ 目次1 歌ってみたを始める「簡単4ステップ」をまとめました!2 ①歌ってみたに必要な ...

MIXでお困りの方はSoundTreatmentにお任せください♪

▼CDの用な音質で作品を仕上げたい
▼他の歌手や歌い手とクオリティーで差を付けたい
▼再生数が伸び悩んでいる

ピッチ補正やコーラス加工・エフェクトもお任せで実現可能!
音に関するリクエストは全てお応えします♪

歌ってみたやボカロ曲のMIXやオリジナル曲・バンドMIXまでお任せください♪

MIX依頼の詳細はこちら♪

Twitterフォローで最新記事をお届け♪

SoundTreatmentの更新情報、キャンペーン。MIX師の呟きをチェックしよう!

▼Twitterフォローはこちら♪
 

注目カテゴリー 歌ってみた 機材 歌詞解釈


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ALEX-TUNRE(あれく)

2017年8月よりSoundTretmentに所属。音楽はフィーリングっす。MIXなら「楽しく!最高に!ヤバめで!」がモットーの僕にお任せb

Copyright© 【歌ってみた・MIX依頼の定番】有名歌い手やプロも利用 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.